e0341532_10290114.jpg

そろそろ暑くなってくるとゴーヤが美味しくなる。

あの独特の苦味はビールにぴったり167.png

ゴーヤは油ととっても相性がいいんだよね。

豚肉を巻いてフライにすると、最高!

ついつい手が止まらなくなるよ102.png


材料(2人分)

ゴーヤー・・・1/2本
豚しゃぶしゃぶ用肉・・・100g
塩コショウ・・・少々
小麦粉・・・適量
溶き卵・・・1/2個分
パン粉・・・適量
揚げ油・・・適量



作り方

① ゴーヤーは縦半分に切り、タネとワタを書き出して、厚さ7~8ミリの半月切りにする。

② 豚肉を広げて軽く塩コショウし、端に①を置いて巻く。

③ ②に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて、中温の揚げ油でからりと揚げる。



GW前に行ってきた京都旅行。

次は修学院離宮。

e0341532_10291362.jpg
修学院離宮は現在宮内庁で管理されている。

見学するには、普通は予約が必要。

往復葉書かネットでできる。

空きがあるときは、行ってそのまま申し込み見学できる。

私たちは予約もせずに、当たって砕けろ!と行ってみた。

なんと幸運にも空きがあり、ちょうど見学ツアーが始まるところ。

よかった101.png

見学は30人ほどが団体になって、係りの人に案内されながら進む。

e0341532_10291884.jpg
修学院離宮は、江戸時代はじめに後水尾上皇によって作られた離宮。

広い上御茶屋、中御茶屋、下御茶屋の三つの庭園からなる。

e0341532_10292269.jpg
下御茶屋にある寿月観。

後水尾上皇によって建てられた御座所。

シンプルな寄棟造りが美しい。

e0341532_10293160.jpg
全部回るのに1時間半くらいかかる広大な庭。

新緑が美しい。

e0341532_10293707.jpg
e0341532_10294123.jpg
庭園の中に畑や水田があり、地元の農家の人たちに貸し出され耕作されている。

e0341532_10294564.jpg
中御茶屋は後水尾上皇が第八皇女光の宮のために作った朱の宮御所が全身。

e0341532_10294972.jpg
客殿の書院造が素晴らしい!

e0341532_10295355.jpg
中御茶屋まで登ると田園風景の向こうに京都の街が見える。

e0341532_10295797.jpg
上御茶屋は壮大な人工池を中心とした壮大な庭園。

高台から眺めると、池の向こうに見える北山の借景が素晴らしい。

e0341532_10300142.jpg
人工池の浴竜池は、谷川を堰き止め人工の川や滝を作って池に水が流れる。

e0341532_10300761.jpg
天気のよい中、汗だくになって回った1時間半。

でも行ってよかった101.png

庭園のなかに田んぼや畑がある風景がとても素敵。

整った庭園だけだと、多分飽きてしまうだろうが、田んぼや畑が作られた美しさに素朴な安らぎを与える感じがする。

後水尾上皇がこよなく愛したのも頷ける。

予約が必要だが、絶対行く価値あり!!



レシピブログに参加しています。よかったらクリックお願いしま〜〜す105.png

[PR]
by otumamifuji | 2018-04-30 11:05 | 豚肉のおつまみ

e0341532_15503093.jpg
マヨネーズとチーズで作るとっても簡単グラタン風。

マヨネーズとチーズのコクでとてもリッチな食感!

のせて焼くだけだから、簡単ラクラク♪


材料(2人分)

えのきだけ・・・1パック
しめじ・・・1パック
しょうゆ・・・小さじ1
マヨネーズ・溶けるチーズ・・・各大さじ2



作り方

① えのきだけは根元を切り落とし、長さ半分に切ってほぐす。しめじは石突きを取り、ほぐす。

② ボウルに①としょうゆを入れて混ぜる。

③ ②を二等分して耐熱皿に入れ、マヨネーズと溶けるチーズを上にのせて、オーブントースターでこんがり焼き目がつくまで焼く。



GW前に行った京都旅行。

三千院の観光編。

e0341532_15504843.jpg
桜の季節はすぎたけど、青紅葉が美しい大原へ行った。

前回冬に京都に行った時は行けなかったけど、今回はレンタカーを借りて車で効率的に回る。

参道の緑が美しい。

紅葉の季節だったら、これまた綺麗だろうな。

e0341532_15505388.jpg
三千院は京都を東北方面比叡近くにある門跡寺院。

京都市中央(烏丸小池)から車で30分くらいで着く。

極楽往生院にある平安時代の阿弥陀三尊像と、美しい二つの庭「聚碧園」と「有清園」で有名。

靴を脱いで上がり、まず秀吉の建てたという客殿から見えるのが「聚碧園」。

苔の美しい静かな庭を眺めていると、自然と時間がすぎていく。

観光客が少なくてよかった102.png


e0341532_15505947.jpg
風情のある回廊を回って法義を行う宸殿から見えるのが、「有清園」。

e0341532_15510647.jpg
苔の緑が美しく、庭に可愛いわらべ地蔵の姿が見える。

e0341532_15511272.jpg
中央にあるのが極楽往生院で、中に金色の阿弥陀三尊像が鎮座する。

阿弥陀如来の両脇の菩薩の座り方が、軽く腰を浮かしたように座る「大和座り」で有名。

今にも立ち上がりそうな両菩薩の表情が優しい。

e0341532_15511889.jpg
三千院周りを少しぶらぶら散歩してから駐車場に向かう。

途中清らかな水が流れる川があり、水のある風景に癒される。

e0341532_15512520.jpg
大原の里は京野菜の畑が多い田舎。

あちこちの道端にお地蔵さまがある。

次の修学院にいく途中柴漬けの土井本舗で昼食。

家族や友人に柴漬けをお土産にしたら、とても好評だった102.png



レシピブログに参加しています! クリックよろしくお願いしま〜〜す105.png


[PR]
by otumamifuji | 2018-04-29 16:50 | 野菜のおつまみ

e0341532_09170079.jpg
春といえば、やはり桜鯛。

鯛の季節。

というわけで鯛のアジアンカルパッチョ。

流石に桜鯛を使うのは、勿体無い!

安い養殖の鯛で十分美味しいです105.png


材料(2人分)

鯛(刺身用さく)・・・100g
ミョウガ・・・2個
きゅうり・・・1/2本
Aレモン汁・・・大さじ1/2
Aごま油・・・小さじ1
A醤油、ナンプラー・・・各小さじ1/2



作り方

① 鯛は薄いそぎ切りにして、皿に並べる

② ミョウガは縦半分に切ってから斜め薄切り、きゅうりは千切りにして両方さっと水にさらして水気をしっかりきる

③ Aをよく混ぜて①にかけ、上に②をのせる




GW前の京都旅行。

今回は宿の紹介。

今回泊まった宿の宿泊代は夕食込みで、1人4000円。

バカ安!

それもそのはず、夫の会社の保養所を使った。

e0341532_09183347.jpg
この保養所がとてもいい場所にある。

南禅寺参道の、「蹴上」という場所。

岡崎動物園の近く。

周りには瀟洒な料理旅館や、純和風の豪邸が連なる静かな場所。

そこに食事付きで4000円。

なかなか予約が取れない宿なのだ。

e0341532_09184160.jpg
部屋は落ち着いた純和風の部屋。

トイレ付き、お風呂は別だがとても綺麗で大きなお風呂がある。

難点はお風呂のお湯が熱すぎること。

e0341532_09184508.jpg
食事はこの広間でとる。

食事もなかなか素晴らしい。

e0341532_09183813.jpg
南禅寺名物湯豆腐の朝食。

量は多すぎず少なすぎず、あっさり豆腐の朝食は胃にも優しくとてもいい162.png

e0341532_09184936.jpg
窓からの景色。

土壁の向こうに新緑が見える。

e0341532_09185240.jpg
宿のお庭。

周りの風景に溶け込んだよく手入れされた庭。

e0341532_09185667.jpg
宿の近くを疎水が流れる。

この近くは琵琶湖から京都へ水を流す疎水が流れ、水のある風景が美しい。

ここの宿の一番のいいところは場所、値段、料理色々あるけれど、何より予約を3組以上取らないこと。

京都で静かに宿泊できるのは最高172.png




レシピブログに参加しています。クリックもらえたら嬉しいです105.png

[PR]
by otumamifuji | 2018-04-28 09:40 | 魚介類のおつまみ

e0341532_08182476.jpg

塩こぶ納豆

納豆に塩こぶを混ぜただけのあっという間の小鉢もの。

塩こぶの旨味と塩けで納豆が即席のおつまみに。。。

ごま油もプラスして香ばしさアップ104.png


材料(2人分)

納豆・・・2パック
塩こぶ(細く切ったもの)・・・ふたつまみ
ごま油・・・小さじ1/2
醤油・・・少々
いりごま(白)・・・少々



作り方

① 納豆に塩こぶ、ごま油、醤油を加えてよく混ぜ、器に盛っていりごまをふる。



e0341532_08440679.jpg
ゴールデンウイークを前に、先日旅行に行った京都の宿の近くで見つけたブルーボトルコーヒー。

東京では清澄白河に日本初上陸の時、早速行ったブルーボトル。

青山では40分近くまで待って入ったもんね105.png

日本のコーヒー専門店を参考にしたブルーボトル。

コーヒーが美味しいのは当然としても、ここのスイーツがいいんだよね162.png

特にグラノーラ。

値段は高いけど、絶品172.png

さてさて、宿の近くで偶然見つけたブルーボトル。

オープンしたのが、3月後半とできたてホヤホヤ。

関西初だって!

e0341532_08441458.jpg
e0341532_08441823.jpg
店構えは古い町家を改装して作っていた。

京都らしい感じでとてもいい。

南禅寺近くの街の雰囲気にぴったり。

e0341532_08441458.jpg

中も素敵162.png

e0341532_08442277.jpg
外国からの観光客もいっぱい来ていた。

開店一番に行ったから空いていたけど、結構混みそう。

早朝の南禅寺を散歩して、湯豆腐で朝ごはん、ブルーボトルで食後のコーヒーなんて最高かもしれない101.png







クリックよろしくお願いしま〜〜す105.png


[PR]
by otumamifuji | 2018-04-27 08:57 | 野菜のおつまみ

e0341532_06580071.jpg

夏になると俄然美味しくなるパクチー。

さすが南のハーブ。

そんなハーブを衣に入れたエスニック感たっぷりのイカの天ぷら。

衣をビールでといてさっくりした食感満点101.png

これはビールが進む167.png


材料(2人分)

モンゴウイカ・・・100g
天ぷら粉・・・大さじ3
ビール・・・大さじ3
パクチー・・・2本
揚げ油・・・適量
塩・・・少々



作り方

① モンゴウイカは一口大、パクチーは粗みじんに切る。

② 天ぷら粉をビールで解いて、パクチーを加えて混ぜる。

③ ①に②の衣をつけて、中温に熱した揚げ油でからりと揚げて油をきり、皿に盛り付け塩を添える。



パクチーの代わりに大葉でも美味しいよ106.png




e0341532_08105594.jpg
先日茨城県笠間に行ってきた。

笠間といえば焼き物で有名だが、今回のお目当ては焼肉。

笠間には美味しい常陸牛の焼肉屋がある。

それもボリュームたっぷり!大きな1枚肉をドーンと焼くのだ!

e0341532_08105755.jpg
出てきた!

超霜降りの常陸牛のサーロインとランプ肉。

300gと200g


e0341532_08105820.jpg
切らずにそのまま炭火で焼く。

店長が焼いてくれるので、焼き具合は安心。

e0341532_08105825.jpg
テーブルのすぐ横で店長がカットもしてくれる。

甘〜い牛肉の脂が口の中でとろけるよ〜〜106.png

サーロイン300gにランプ200g、ご飯セット(ご飯、サラダ、ナムル、キムチ)で1万円ちょっと。

お高い昼ごはんだったが、せっかく笠間に常陸牛を食べにきたのだから仕方ないよね130.png




笠間はGW中は焼き物祭りで賑わう!!

また焼き物祭りに行こうかな。。。



レシピブログに参加しています!クリックお願いしま〜〜す125.png


[PR]
by otumamifuji | 2018-04-26 08:33 | 魚介類のおつまみ