e0341532_23192492.jpg
e0341532_23191858.jpg

昨日は夫の夜勤明け。

夜勤明けの日は、夫は早かったらお昼頃遅かったら夕方に帰宅する。

昨日は夕方の4時頃帰宅した。

それで早めの夕食。

主菜は、牛肉のサイコロステーキとレンコンつみれ。

サイコロステーキは、「ともさんかく」という部位を使った。

「ともさんかく」は「シンタマ」ともよばれるそうで、モモの下位にある1頭から2kgくらいしか取れない希少部位だということだ。

赤身が多いが、適度に脂も噛んでいて歯ごたえと旨味が味わえる。

美味しかった♪

e0341532_23195378.jpg
副菜はキャロットラペと、わかめときゅうり甘酢和え。

キャロットラペはオレンジマーマレードを使ってみたら、正解!柑橘系の酸味で美味しくなった。

わかめときゅうりの甘酢和えは、ごま油といりごまを入れて香ばしく仕上げた。


e0341532_23183879.jpg
汁物はあさりに味噌汁。

あさりが安かったので、たっぷり買ってきた。

砂抜きして茹でて、半分は残しておいた。

残した分でクラムチャウダーにしよう。


レンコンつみれ
e0341532_23245985.jpg
レンコンをたっぷり入れたレンコンつみれ。

すったレンコンのもちもちした食感と、みじん切りにしたシャキシャキした食感を生かす。

冷めても硬くならず、ふわふわ柔らかいのが嬉しい。

つみれ自体にしっかり味付けしているので、そのまま食べても美味しい。

お弁当にぴったり!


材料(2~3人分)

鶏ひき肉・・・150g
レンコン・・・200g
揚げ油・・・適量
塩・黒こしょう・・・少々
くし切りのレモン・・・2切れ
A卵・・・1個
A片栗粉・・・大さじ2
Aしょうゆ・・・大さじ1
A砂糖・・・小さじ1


作り方

1. レンコンは1/3をみじん切り、残り2/3をすりおろす。

2. ボウルに(1)、鶏ひき肉、Aを入れて手でよくこねる。

3. 揚げ油を中温(170度)に熱し、(2)をスプーンですくって形を整えて入れそのまま触らず3分したらひっくり返し、さらに3分揚げて引き上げる。

4. 油を切って皿に盛り付け、塩と黒こしょう、くし切りのレモンを添える。


タネがかなり柔らかい状態なので、スプーン2つで形を整えて揚げ油に入れる。
あまり触らずに揚げる。






一昨日に続き、昨日もうちのマンションの内庭でロケをやっていた。

e0341532_23374892.jpg
とってもイケメンの若い男性と、すごい美女。

俳優だろうか?

一瞬男性の方は、小泉孝太郎かな?って思ったが、違うようだ。

e0341532_23381199.jpg
歩くシーンを撮ったあと、二人がウエディング姿に着替えて結婚式のシーン。

e0341532_23383630.jpg
コマーシャルの撮影かな?

e0341532_23404634.jpg

エキストラもいて、バージンロードを歩くシーンのようだ。

e0341532_23390890.jpg

う〜〜ん、最近はほとんどTVをみないので、二人が誰なのかわからない。。。

寒い中ほとんど一日中、同じ場面を撮影するのは、役者さんもスタッフの人も大変だなあ。。。



[PR]
by otumamifuji | 2018-03-08 23:41 | 豚肉のおつまみ

e0341532_23210038.jpg
昨日の晩ごはん。

ビールはハイネケン。

ハイネケンってオランダのビールだと思っていたら、キリンがライセンス販売をしている。

缶はオランダ産ビールで、瓶が日本でキリンが作ったビールだそうだ。

飲んでみると、昔飲んだ時と変わらないかな?

以前ハイネケンを飲んだのはもうかなり昔なので覚えていない。

泡が少なめで、外国のビールらしい感じも残っているようだ。

シュワシュワ感が少ないのは、私の好み。

おかずは主にお酒のおつまみ系。

手前は「簡単鶏南蛮」。

出来合いの唐揚げに千切りにした玉ねぎとピーマン、麺つゆと酢で作ったタレに浸したとても簡単なもの。

あっという間にできる。

もう一品は「もやしの塩こぶナムル」。

茹でたもやしを塩こぶとごま油で和えただけ。

これもとても簡単だけど、こぶの旨みが美味しい。

一番向こう側にあるのが「豚生姜天」」。

冷蔵庫に残っていた豚細切れ肉と、これまた先日のお好み焼きで使って余っていた紅ショウガとでかき揚げ風にしたもの。

紅ショウガの酸味が豚天の油っぽさを消してとても美味しい



昨日うちの近くの運河の橋でやっていた撮影。

そのあとうちのマンションの中庭に移動して、もっと大掛かりに始まった。

ベランダから見ていたら、どうやら演技しているのがキムタクと石田ゆり子らしい。

スタッフの多くが着ているジャケットの「BG」というのは、今TV朝日でやっているドラマ「BG〜身辺警護人」の撮影だからみたいだ。

e0341532_23203939.jpg

e0341532_23204031.jpg


e0341532_23203730.jpg


e0341532_23203881.jpg


e0341532_23203624.jpg


午前中から午後まで同じ場面を何回も撮っていて、本当にスターも大変だなあ。。。と思った。

待ち時間にキムタクが気軽にスタッフの人と過ごしているのが、とても気さくな感じでよかった。

今までキムタクはあまり好きではなかったが、好印象を持った。

石田ゆり子はうちのマンションの中庭での撮影で見るのは2回目。

前回は大人気のドラマ「逃げ恥」の撮影をやっていたのを見た。

ガッキーと一緒のシーンだった。

うちのマンションの中庭はよくドラマや映画、コマーシャルの撮影に使われる。

実際の役者さんやタレントを見て思うのは、男優さんは実際に見るとTVで見るより小柄に感じる一方、女優さんはTVで見るよりずっと背が高い。

昨日は生でキムタクを見れてラッキーな一日だった。

[PR]
by otumamifuji | 2018-03-07 23:22 | 家呑み

e0341532_22263974.jpg

きのこたっぷり入れた旨味たっぷりのスープ煮。

黒酢とラー油を垂らして、サンラータン風にする。

汁物をつまみにするのは、いまいちと思っていたが、実際なかなかいいもの。

具をつまみに呑んで、残った汁を最後に飲み干す。

時々締めが欲しかったら、汁を小鍋に入れて冷やご飯を少し入れて雑炊。

温かいごはんにかけて、ぶっかけ飯でもいい。



材料(2人分)

しいたけ・しめじ・まいたけ・えのきだけなど何種類かのきのこ・・・総量250g
ニンジン・・・50g
絹ごし豆腐・・・1/2丁
豚バラ薄切り肉・・・50g
A水・・・2と1/2カップ
A鶏ガラスープの素・・・小さじ1
A酒・・・大さじ1
Aしょうゆ・・・大さじ2
Aオイスターソース・・・小さじ2
Aごま油・・・小さじ1
黒酢・・・少々
ラー油・・・少々


作り方

1. しいたけは石突きを取り、傘と軸を薄切りにする。まいたけとしめじは根元を取り、細かくほぐす。えのきだけは根元を取り、長さ半分に切ってほぐす。

2. ニンジンは皮をむき、薄い拍子切り。豚肉は1センチの細切り。豆腐はふきんに包んで重しをし、30分ほどおいて水切りし、長さ4センチくらいの棒状に切る。

3. 鍋にAを入れて強火にかけ、煮立ったら火を中火に変えて豚肉を加えてほぐす。

4. 豚肉に火が通ったらアクを取り除き、きのこ類とニンジン、豆腐を加えて弱めの中火で10分ほど煮る。

5. 器に盛り付け、お好みで黒酢やラー油をたらす。




e0341532_22265341.jpg

今日の家呑み

日本酒は月けい冠のにごり酒。

今日はひな祭り。

白酒のつもりでにごり酒。

フルーティな甘口で呑みやすいが、最後のもろみがざらりと舌に残る。

食事と一緒にはどうかなあ。。。

私はやはり普通の酒がいい。

おつまみは「サンラータン」と「豚ときゅうりの炒め物」。

豚ときゅうりの炒め物は、豚肉と漬物系の炒め物が美味しいので、きゅうりを浅漬け風にして炒めてみた。

うまい164.png

後ろにぼんやり写っているのは、笠間焼の雛人形。

素朴な風合いがいい101.png



うちの家は行事はなんでも派手にする家で、雛人形も10段飾りの仰々しい奴を飾っていた。

もっとも子供の頃は、人形には全く興味を持てず、ただひたすら下の方に飾る道具でママゴトをするだけだった。

雛人形を見て、今でも心のどこかで冷やっとしたものを感じるのは、幼い時の記憶だろう。

まだ1歳か2歳の幼い私が晴れ着をきて大泣きで大きな雛人形の横で泣いている白黒の写真が今も残っている。

その時の記憶は全くないのだけど、ただその時感じた恐怖だけはいまだに記憶に残っている。

母が言うには、それは遠い親戚の京都の寺の本堂に置かれた雛人形だそうだ。

そこに連れて行かれた時、薄暗く寒い本堂でぼんやりと浮かび上がる雛人形の顔と恐怖感がしっかり心の奥スミに染み付いているのだ。

もう半世紀以上も前の遠い遠い記憶のかけら。。。






[PR]
by otumamifuji | 2018-03-03 23:06 | 野菜のおつまみ

e0341532_23164233.jpg

鶏肉とさつまいもを甘辛くこってり煮付けた一品。

弁当のおかずに、作り置きに便利なおかず。

酒のつまみに、さつまいもは、、、と男なら思うが、女の私にとってさつまいもも十分つまみになる。

さつまいもと日本酒の冷やも意外と相性がいいんだよ~~ん104.png


材料(2人分)

さつまいも・・・中1本(250gくらい)
鶏もも肉・・・大1/2本
サラダ油・・・小さじ1
A砂糖・みりん・・・大さじ2
Aしょうゆ・・・大さじ2と1/2
A水・・・1カップ(200ml)



作り方

1. さつまいもは皮付きのまま、1.5センチの厚さの輪切りにする。水にさっと晒してザルにあげ水気をきる。鶏もも肉は余分な脂を取り除き、一口大に切る。

2. 鍋にサラダ油を熱し、中火で鶏もの肉を炒める。

3. 鶏もも肉の色が変わったら、さつまいもとAを加えて一煮立ちさせる。

4. アクを取り除き、落し蓋をして強めの弱火で10分ほど煮る。

5. さつまいもに竹串を刺してみて、すっと通るくらい柔らかく煮えたら、落し蓋を取り火を強火に変えて2分ほど煮詰める。



e0341532_23165246.jpg

今日の家呑み

日本酒は飛良泉の山廃純米酒。

しっかりした飲み口ながら、するするいける呑みやすさ。

口当たりが良いが、決して軽い訳ではない。

買うとき750mlにしようかなって思ったが、ケチな性分でついつい小瓶にした。

でも小瓶にしてよかったかも、、、750くらいあっという間に飲んでしまったかもしれない飲みやすさ。

おつまみは「トマトのおかか炒め」と「豚冷しゃぶの味噌和え」。

これから暖かくなると、冷しゃぶの季節。

豚の冷しゃぶは火の通し方で、格段にうまさが違う!

https://otumamihuj.exblog.jp/25839227/

ご参考あれ!


昨日夫と一緒に品川税務署に行った帰りに、インターシティにあるニコンミュージアムに広田尚敬氏の鉄道写真展をみに行った。

82歳になる広田尚敬氏は鉄道写真の神様とも言われる、鉄道写真会の大物カメラマン。

素晴らしい彼の作品には多くのファンがいる。

うちの夫もその一人だ。

職業カメラマンには、子供の時てっちゃんからカメラマンに興味をもちそれを職業とする人も多い。

夫もそうだ。

夫は子供の時鉄道ファンになり、鉄道雑誌に載っていた広田氏の写真に憧れ写真を撮り始めた。

結局は報道の分野に行かざるを得なかったが、今でも永遠の撮り鉄だ。

またこの写真展は「Fの時代」と副題が付いていて、ニコンFで撮った写真のみの写真展だった。

初めてのニコンFが発売されたのは私が生まれた年。

名品ニコンFで撮られた白黒の世界は、昭和30年代から40年代の時代の息遣いも見事に描き出されていて、広田氏の一瞬を捉える芸術的感性をひしひしと感じさせる。







[PR]
by otumamifuji | 2018-03-03 00:10 | 鶏肉のおつまみ

e0341532_22054732.jpg


葉の間にベーコンを差し込んで、スープでクタクタに煮た白菜にとろーりチーズソースをかけた無茶簡単な割に見た目がいい一品。

クタクタに煮た白菜の甘みはたまらん!!

それにとろりとかけたチーズの旨味。

切ってからでないと、食べにくいのだけど、ついつい齧りいてしまう119.png

白菜って和風はもちろん、洋風、中華となんでもありの優れもの野菜!!


材料(2人分)

白菜・・・内側1/4株(300gくらい)
スライスベーコン・・・4枚
A水・・・1/2カップ
A顆粒スープの素・・・小さじ1/2
A塩・・・小さじ2/3
B溶けるチーズ・・・60g
B牛乳・・・大さじ4
B片栗粉・・・小さじ1
黒こしょう・・・少々


作り方

1. 白菜は芯つきのまま縦半分に切り、長さ半分に切ったベーコンを葉の間に挟む。

2. 深さのあるフライパンに(1)を並び入れて、Aを加えて中火にかける。煮立ったら蓋をして火を弱火に変えて、10分ほど蒸し煮にする。

3. 小鍋にBを入れて弱火にかけ、混ぜながらチーズが溶けてなめらかになるまで煮る。

4. 深みのある皿に(2)の白菜を盛り付け、(3)のソースをかけて黒こしょうをふる。


チーズが焦げ付かないように、弱火で煮ます。



e0341532_22062101.jpg
今日の家呑み

ビールはDHCのラガービール。

イオンのお酒売り場で、鳥のラベルの瓶ビールがあったので手に取ってみると、なんとメーカーがDHCとなっているではないか!?

サプリメントや化粧品の会社だと思っていたDHCだが、ビールも出しているそうだ。

ちょっと高いが買ってみた。

軽くて呑みやすいが、旨味や香りもしっかり残る味。

強い味の料理にはちょっと負けてしまうくらいアルコール臭がないが、それが私には好ましい。

最近はアルコール臭プンプンのビールや酎ハイが多くて。。。

値段が高いので、しょっちゅうは飲めないが、また飲んでみたい味だ。

おつまみは「新玉ねぎと豚肉のかき揚げ」と「鶏とさつまいもの甘辛煮」。

新玉はやはり生で食べるのが美味しい。

揚げてしまうと、新玉も古玉も変わりない感じ117.png




今日も夫の休日。

昨日夫が作成した確定申告の申告書を品川税務署に提出に行った。

品川税務署はなぜか港区高輪にある。

お天気も良く気温も高かったので、散歩がてらぶらぶら歩いて行ったのだが、大変な事になってしまった。

急な気温の上昇のせいか、花粉がひどかった!

税務署につく頃には二人とも涙目の鼻水まみれになっていた145.png

今日から3月。

春は急にやってくる179.png





[PR]
by otumamifuji | 2018-03-01 23:09 | 野菜のおつまみ