e0341532_11293940.jpg
パプリカをしょうゆ使わず塩と砂糖で炒めた塩きんぴら。

しょうゆが邪魔せず、パプリカの本来の甘さを感じる美味しさ。

火の通し具合は、たっぷり通してヘナヘナでも、さっと通してシャキシャキでもお好みで。

色合いが綺麗なので、お弁当のおかずにも最適!


パプリカの塩きんぴら



材料(2人分)


・赤と黄のパプリカ・・・各1個ずつ(縦半分に切って下手と種を取り除き、縦に細切りにする)

・ごま油・・・大さじ1

A砂糖・・・小さじ1

A酒・・・大さじ3

A塩・・・小さじ½

・いりごま(白)・・・大さじ1

・一味唐辛子・・・少々




作り方


① フライパンにごま油を熱し、中火でパプリカを炒める。


② 全体に油が回ったら、Aを加えて煮からめ火を止める。


③ 器に盛りつけ、いりごまと一味唐辛子を振る。








e0341532_11301871.jpg

昨日の晩ごはん


冷やし中華

鯖のキムチ味噌煮

トマトと鶏ささみの卵黄酢

きゅうりと水ナスの浅漬け



昨日はお昼から教室。


家を出る前に鯖のキムチ味噌煮とトマトと鶏ささみ卵黄酢、冷やし中華の具を用意して仕事に行った。


最近滅多に魚の煮付けを食べていないので、ゴマサバをキムチと味噌で煮込んだ。


サバを焼いてから煮るので、臭みも感じず焼き目が香ばしくて美味しい。


キムチと味噌ってなんでこんなに相性がいいんだ!?


食べ終えたあとで、焼き豆腐も一緒に煮ればよかったと後悔。




連日の猛暑。


すっかり夏バテ。


元来汗っかきなので、ものすごい汗をかく。


その分水分補給はこまめにやっているのだが、汗をかいた分だけ疲れが激しいような気がする。


これも年のせいかなあ。。。( T_T)






[PR]
by otumamifuji | 2018-07-13 11:40 | 野菜のおつまみ

e0341532_00304500.jpg

ラー油の辛さとにんにくの香りが刺激的な、きゅうりのラー油和え。

漬け込まないきゅうりの歯ごたえも美味しいおつまみ。

料理とも言えない一品ですが、ビール片手にぽりぽりやっているとあっという間になくなります。


材料(2人分)

・きゅうり・・・1本(皮をまだらにむいて、一口大の乱切り)
Aおろしにんにく・・・少々
Aしょうゆ・・・小さじ1
Aラー油・・・少々


作り方

① ボウルにAを入れてよく混ぜ、きゅうりを加えてざっくり混ぜる。


きゅうりがしんなりしないうちにさっさと食べる方が美味しいです。








今日の朝ごはん

e0341532_00372439.jpg

グラノーラと牛乳
ハーブオムレツとサラダ
ヨーグルトと桃のシロップ漬け
野菜ジュース

ベランダ栽培のバジルと粉チーズを入れて焼いたオムレツ。

バジルの風味が意外と卵とよくあって美味しかった❤️




e0341532_00313108.jpg
シェアサイクルを最近めっぽうよく使うようになった。

docomoがやっているシェアサイクル。

東京都内では江東、千代田、中央、港、新宿、文京、渋谷、太田、練馬、品川区で利用可能。

教室が中央区、港区、品川区、千代田区を主にうろうろする私。

地下鉄やJR、バスを使う代わりに乗ればとても便利。

30分150円の時間払い料金と月額30分以内の仕様なら定額の2000円のコースがあるが、私は定額のコースを契約してるのでガンガン使っている。

うちの近くにポートがあるのも嬉しい。

交通費をかなり使わなくなったのは確実。




e0341532_00312003.jpg

今日の空。

モクモクと湧き上がる入道曇。

朝のうちは雷注意報が出ていたが、雨は降らなかった。

一日お天気の夏日。

また最高気温30度超えの日が戻ってきた。

迷惑かな、、、と思いながら、倉敷に住む友人に電話。

メールの方がよかったかなとは思ったが、声の様子を聞きたくて。

彼女は南部に住んでいるのだが、やはり大変な様子だ。

高台に住んでいたので浸水にはならなかったが、道路がとにかく使えなくて生活ができないそうだ。

最近は建物が頑丈になってそうそうの地震でも瓦礫の下敷きになって怪我をしたり死ぬことはあまりなくなった。

しかし水による被害では必ずなくなる人がかなりの数出る。

川の堤防を頑丈なものに作り変えて水による被害で人がなくなることが無いようになればいいなあと思う。

そう言えば昔「コンクリートから人へ」という虚しい言葉があったなあ。。。







[PR]
by otumamifuji | 2018-07-09 00:55 | 野菜のおつまみ

e0341532_22495704.jpg

山芋をすりおろして鶏ひき肉を加えて焼いた、さっくりふんわり食感のおつまみ。

素材の味を生かして塩とコショウだけつけていただきます。

少量入れたしょうがの風味がとてもいいです。


材料(2人分)

・長芋・・・ 100g(皮をむいておろす)
・鶏ひき肉・・・100g
・溶き卵・・・1/2個分
・おろし生姜・・・少々
・塩コショウ・・・少々
・サラダ油・・・大さじ1



作り方

① ボウルにおろした長芋、鶏ひき肉、溶き卵、おろし生姜、塩コショウを入れてよく混ぜる。

② フライパンにサラダ油を熱し、①を直径5〜6センチの薄い円状に流し入れて中火で両面こんがり焼く。

③ ②を皿に盛り、塩と粗びき黒こしょう(分量外)を添える。






今日の朝ごはん

e0341532_22505185.jpg

グラノーラと牛乳
プレーンオムレツとサラダ、アメリカンチェリー
ヨーグルトと桃のシロップ漬け
野菜ジュース

今日はパンではなく、グラノーラ。

コストコで買った巨大なグラノーラがたっぷり残っている。

次コストコに行くまでには、少しづつ食べつくしてしまうつもり。。



今日の晩ごはん

e0341532_22510524.jpg

プルコギとサラダ
かじきと大根の煮物
ご飯
豆腐とじゃがいもの味噌汁

プルコギの肉は夫へ、ニラと玉ねぎは私に。。。

好き嫌いの多い夫はニラと玉ねぎが苦手。

結局夫のプルコギは肉だらけ、私のは野菜だらけ135.png

ほんと好き嫌いの多い夫を持つと困るわ〜〜〜!



e0341532_22502693.jpg
どんよりとした雲がたれ込める朝の空。

東京は朝から雨が降ったが、お昼すぎにはほとんど止んでしまった。

日本各地では、大雨警報や土砂崩れ警報のでた地域が多かった。

最近の雨は降るとなると、ものすごい豪雨になったり極端。

以前はこんなこと少なかったのに。。。

最近の降りかたが半端ないので、雨の日は街中で長靴を履いている女性を多く見かける。

すごくおしゃれな長靴も多い。

私も去年ハンターの長靴が買いたかったが、年に何回履くかわからない長靴に2万円も払うのはダメと夫に却下された136.png

明日は七夕。

晴れるかなあ。。。

今日駅の七夕に願い事を書いてきた。





[PR]
by otumamifuji | 2018-07-06 23:11 | 野菜のおつまみ

e0341532_15503093.jpg
マヨネーズとチーズで作るとっても簡単グラタン風。

マヨネーズとチーズのコクでとてもリッチな食感!

のせて焼くだけだから、簡単ラクラク♪


材料(2人分)

えのきだけ・・・1パック
しめじ・・・1パック
しょうゆ・・・小さじ1
マヨネーズ・溶けるチーズ・・・各大さじ2



作り方

① えのきだけは根元を切り落とし、長さ半分に切ってほぐす。しめじは石突きを取り、ほぐす。

② ボウルに①としょうゆを入れて混ぜる。

③ ②を二等分して耐熱皿に入れ、マヨネーズと溶けるチーズを上にのせて、オーブントースターでこんがり焼き目がつくまで焼く。



GW前に行った京都旅行。

三千院の観光編。

e0341532_15504843.jpg
桜の季節はすぎたけど、青紅葉が美しい大原へ行った。

前回冬に京都に行った時は行けなかったけど、今回はレンタカーを借りて車で効率的に回る。

参道の緑が美しい。

紅葉の季節だったら、これまた綺麗だろうな。

e0341532_15505388.jpg
三千院は京都を東北方面比叡近くにある門跡寺院。

京都市中央(烏丸小池)から車で30分くらいで着く。

極楽往生院にある平安時代の阿弥陀三尊像と、美しい二つの庭「聚碧園」と「有清園」で有名。

靴を脱いで上がり、まず秀吉の建てたという客殿から見えるのが「聚碧園」。

苔の美しい静かな庭を眺めていると、自然と時間がすぎていく。

観光客が少なくてよかった102.png


e0341532_15505947.jpg
風情のある回廊を回って法義を行う宸殿から見えるのが、「有清園」。

e0341532_15510647.jpg
苔の緑が美しく、庭に可愛いわらべ地蔵の姿が見える。

e0341532_15511272.jpg
中央にあるのが極楽往生院で、中に金色の阿弥陀三尊像が鎮座する。

阿弥陀如来の両脇の菩薩の座り方が、軽く腰を浮かしたように座る「大和座り」で有名。

今にも立ち上がりそうな両菩薩の表情が優しい。

e0341532_15511889.jpg
三千院周りを少しぶらぶら散歩してから駐車場に向かう。

途中清らかな水が流れる川があり、水のある風景に癒される。

e0341532_15512520.jpg
大原の里は京野菜の畑が多い田舎。

あちこちの道端にお地蔵さまがある。

次の修学院にいく途中柴漬けの土井本舗で昼食。

家族や友人に柴漬けをお土産にしたら、とても好評だった102.png



レシピブログに参加しています! クリックよろしくお願いしま〜〜す105.png


[PR]
by otumamifuji | 2018-04-29 16:50 | 野菜のおつまみ

e0341532_08182476.jpg

塩こぶ納豆

納豆に塩こぶを混ぜただけのあっという間の小鉢もの。

塩こぶの旨味と塩けで納豆が即席のおつまみに。。。

ごま油もプラスして香ばしさアップ104.png


材料(2人分)

納豆・・・2パック
塩こぶ(細く切ったもの)・・・ふたつまみ
ごま油・・・小さじ1/2
醤油・・・少々
いりごま(白)・・・少々



作り方

① 納豆に塩こぶ、ごま油、醤油を加えてよく混ぜ、器に盛っていりごまをふる。



e0341532_08440679.jpg
ゴールデンウイークを前に、先日旅行に行った京都の宿の近くで見つけたブルーボトルコーヒー。

東京では清澄白河に日本初上陸の時、早速行ったブルーボトル。

青山では40分近くまで待って入ったもんね105.png

日本のコーヒー専門店を参考にしたブルーボトル。

コーヒーが美味しいのは当然としても、ここのスイーツがいいんだよね162.png

特にグラノーラ。

値段は高いけど、絶品172.png

さてさて、宿の近くで偶然見つけたブルーボトル。

オープンしたのが、3月後半とできたてホヤホヤ。

関西初だって!

e0341532_08441458.jpg
e0341532_08441823.jpg
店構えは古い町家を改装して作っていた。

京都らしい感じでとてもいい。

南禅寺近くの街の雰囲気にぴったり。

e0341532_08441458.jpg

中も素敵162.png

e0341532_08442277.jpg
外国からの観光客もいっぱい来ていた。

開店一番に行ったから空いていたけど、結構混みそう。

早朝の南禅寺を散歩して、湯豆腐で朝ごはん、ブルーボトルで食後のコーヒーなんて最高かもしれない101.png







クリックよろしくお願いしま〜〜す105.png


[PR]
by otumamifuji | 2018-04-27 08:57 | 野菜のおつまみ

e0341532_22263974.jpg

きのこたっぷり入れた旨味たっぷりのスープ煮。

黒酢とラー油を垂らして、サンラータン風にする。

汁物をつまみにするのは、いまいちと思っていたが、実際なかなかいいもの。

具をつまみに呑んで、残った汁を最後に飲み干す。

時々締めが欲しかったら、汁を小鍋に入れて冷やご飯を少し入れて雑炊。

温かいごはんにかけて、ぶっかけ飯でもいい。



材料(2人分)

しいたけ・しめじ・まいたけ・えのきだけなど何種類かのきのこ・・・総量250g
ニンジン・・・50g
絹ごし豆腐・・・1/2丁
豚バラ薄切り肉・・・50g
A水・・・2と1/2カップ
A鶏ガラスープの素・・・小さじ1
A酒・・・大さじ1
Aしょうゆ・・・大さじ2
Aオイスターソース・・・小さじ2
Aごま油・・・小さじ1
黒酢・・・少々
ラー油・・・少々


作り方

1. しいたけは石突きを取り、傘と軸を薄切りにする。まいたけとしめじは根元を取り、細かくほぐす。えのきだけは根元を取り、長さ半分に切ってほぐす。

2. ニンジンは皮をむき、薄い拍子切り。豚肉は1センチの細切り。豆腐はふきんに包んで重しをし、30分ほどおいて水切りし、長さ4センチくらいの棒状に切る。

3. 鍋にAを入れて強火にかけ、煮立ったら火を中火に変えて豚肉を加えてほぐす。

4. 豚肉に火が通ったらアクを取り除き、きのこ類とニンジン、豆腐を加えて弱めの中火で10分ほど煮る。

5. 器に盛り付け、お好みで黒酢やラー油をたらす。




e0341532_22265341.jpg

今日の家呑み

日本酒は月けい冠のにごり酒。

今日はひな祭り。

白酒のつもりでにごり酒。

フルーティな甘口で呑みやすいが、最後のもろみがざらりと舌に残る。

食事と一緒にはどうかなあ。。。

私はやはり普通の酒がいい。

おつまみは「サンラータン」と「豚ときゅうりの炒め物」。

豚ときゅうりの炒め物は、豚肉と漬物系の炒め物が美味しいので、きゅうりを浅漬け風にして炒めてみた。

うまい164.png

後ろにぼんやり写っているのは、笠間焼の雛人形。

素朴な風合いがいい101.png



うちの家は行事はなんでも派手にする家で、雛人形も10段飾りの仰々しい奴を飾っていた。

もっとも子供の頃は、人形には全く興味を持てず、ただひたすら下の方に飾る道具でママゴトをするだけだった。

雛人形を見て、今でも心のどこかで冷やっとしたものを感じるのは、幼い時の記憶だろう。

まだ1歳か2歳の幼い私が晴れ着をきて大泣きで大きな雛人形の横で泣いている白黒の写真が今も残っている。

その時の記憶は全くないのだけど、ただその時感じた恐怖だけはいまだに記憶に残っている。

母が言うには、それは遠い親戚の京都の寺の本堂に置かれた雛人形だそうだ。

そこに連れて行かれた時、薄暗く寒い本堂でぼんやりと浮かび上がる雛人形の顔と恐怖感がしっかり心の奥スミに染み付いているのだ。

もう半世紀以上も前の遠い遠い記憶のかけら。。。






[PR]
by otumamifuji | 2018-03-03 23:06 | 野菜のおつまみ

e0341532_22054732.jpg


葉の間にベーコンを差し込んで、スープでクタクタに煮た白菜にとろーりチーズソースをかけた無茶簡単な割に見た目がいい一品。

クタクタに煮た白菜の甘みはたまらん!!

それにとろりとかけたチーズの旨味。

切ってからでないと、食べにくいのだけど、ついつい齧りいてしまう119.png

白菜って和風はもちろん、洋風、中華となんでもありの優れもの野菜!!


材料(2人分)

白菜・・・内側1/4株(300gくらい)
スライスベーコン・・・4枚
A水・・・1/2カップ
A顆粒スープの素・・・小さじ1/2
A塩・・・小さじ2/3
B溶けるチーズ・・・60g
B牛乳・・・大さじ4
B片栗粉・・・小さじ1
黒こしょう・・・少々


作り方

1. 白菜は芯つきのまま縦半分に切り、長さ半分に切ったベーコンを葉の間に挟む。

2. 深さのあるフライパンに(1)を並び入れて、Aを加えて中火にかける。煮立ったら蓋をして火を弱火に変えて、10分ほど蒸し煮にする。

3. 小鍋にBを入れて弱火にかけ、混ぜながらチーズが溶けてなめらかになるまで煮る。

4. 深みのある皿に(2)の白菜を盛り付け、(3)のソースをかけて黒こしょうをふる。


チーズが焦げ付かないように、弱火で煮ます。



e0341532_22062101.jpg
今日の家呑み

ビールはDHCのラガービール。

イオンのお酒売り場で、鳥のラベルの瓶ビールがあったので手に取ってみると、なんとメーカーがDHCとなっているではないか!?

サプリメントや化粧品の会社だと思っていたDHCだが、ビールも出しているそうだ。

ちょっと高いが買ってみた。

軽くて呑みやすいが、旨味や香りもしっかり残る味。

強い味の料理にはちょっと負けてしまうくらいアルコール臭がないが、それが私には好ましい。

最近はアルコール臭プンプンのビールや酎ハイが多くて。。。

値段が高いので、しょっちゅうは飲めないが、また飲んでみたい味だ。

おつまみは「新玉ねぎと豚肉のかき揚げ」と「鶏とさつまいもの甘辛煮」。

新玉はやはり生で食べるのが美味しい。

揚げてしまうと、新玉も古玉も変わりない感じ117.png




今日も夫の休日。

昨日夫が作成した確定申告の申告書を品川税務署に提出に行った。

品川税務署はなぜか港区高輪にある。

お天気も良く気温も高かったので、散歩がてらぶらぶら歩いて行ったのだが、大変な事になってしまった。

急な気温の上昇のせいか、花粉がひどかった!

税務署につく頃には二人とも涙目の鼻水まみれになっていた145.png

今日から3月。

春は急にやってくる179.png





[PR]
by otumamifuji | 2018-03-01 23:09 | 野菜のおつまみ

e0341532_22370030.jpg

先日夫の実家茨城へ行った時に、たっぷり買ったレンコンを使って白和え。

ブロッコリーと合わせて色合いよく作ってみた。

茨城はレンコンの出荷量は日本一。

夫の実家近くの霞ヶ浦近くには、一面レンコン畑がある。

レンコンはやはり新鮮なのが美味しい!

焼いてよし、煮てよし、揚げてよし、擦ってよし、なんでも美味しいレンコン!!

歯ごたえの良さが最高101.png


材料(2人分)

レンコン・・・50g
ブロッコリー・・・1/2株
木綿豆腐・・・100g
塩・・・小さじ1
Aすりごま(白)・・・大さじ1/2
A砂糖・しょうゆ・・・各小さじ1/2
Aみそ・・・小さじ1/4
A塩・・・少々



作り方

1. レンコンは皮をむき、厚さ3ミリのいちょう切りにし、さっと水にさらして水気をきる。ブロッコリーは小房に分けて、それを縦半分に切る。木綿豆腐はふきんに包んで重しをし、30分ほどおいて水切りする。

2. 鍋に1リットルの水を入れて沸かし、塩を加えてレンコンとブロッコリーを2分茹でる。ざるに上げて水切りし、そのまま室温に冷ます。

3. フードプロセッサーかミキサーに水切りした木綿豆腐とAを入れてなめらかなるまでよく撹拌する。

4. ボウルに(2)と(3)を入れて和える。



e0341532_22371564.jpg

今日の家呑み

ビールはアサヒスーパードライのお花見バージョン。

この時期になると、各ビール会社がお花見バージョンの缶を発売する。

中身は同じスーパードライ。

まだまだ桜には早いが、ビール商戦は気が早い。

お花見にビールは切っても切れない縁167.png

おつまみは「ごぼうサラダ」と「鶏とさつまいもの甘辛煮」。

さつまいもでお酒が飲めるのは、女の特権かな105.png



冬季オリンピックも終わってあっという間にもう3月。

今年も飛ぶように毎日がすぎていく。

これということもしないまま時間がすぎていくのは辛い(汗

今年は新しく趣味のサークルに入ろうとか、習い事をしようと思っていたのだが、何一つ手もつけていない。

とりあえず手をつけなければ、思ったまま実現しない。

人生は短い。

やりたいこと、興味を持ったことはとりあえずやってみよう。






[PR]
by otumamifuji | 2018-02-27 22:52 | 野菜のおつまみ

e0341532_22081550.jpg
そろそろ新じゃがが出回ってきました♪

新じゃがは皮が柔らかく、丸ごと食べられるけど、少々水っぽい。

そんな新じゃがには濃いめの味付けが似合う。

ジャガイモといったらバターでしょ!

ということで、新じゃがを茹でて、バターで炒めて甘辛く煮からめた一品。

ジャガイモにバターに甘辛味といえば鉄板101.png


材料(4人分)

新ジャガイモ(小)・・・12~13個
バター・・・20g
A砂糖・しょうゆ・・・大さじ3
Aみりん・・・大さじ1


作り方

1. 新ジャガイモはたわしできれいに洗い、鍋に入れてひたひたの水を注ぐ。

2. (2)を強火にかけて煮立ったら蓋をし、火を強めの弱火に変えて蓋をして13~15分ほど茹でる。

3. 新ジャガイモにすっと竹串が刺さるくらい柔らかく茹ったら、ザルに上げて水気をきり半分に切る。

4. フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターが溶けたら(3)を入れて転がしながら2分ほど炒める。

5. 全体にバターが絡まったら、Aを加えて少し煮詰めて出来上が理。




e0341532_22080565.jpg
今日の家呑み

ワインはコノスルのカベルネ・ソーヴィ二ヨン・ビシクレタ

チリさんの安い赤。

果実味豊かだけど、スパイシーな風味ももつ辛口。

お肉料理によく合いそう。

おつまみは豚のハチミツ生姜焼き。

豚の生姜焼きにすったりんごやハチミツを入れたので、ワインとよく合う感じ。

ハチミツとりんごの作用で、豚肉が柔らかい♪

もう一つはニンジンの酢の物。

失敗の試作品。

酸っぱ過ぎたので、少しハチミツを入れたら、ほとんどキャロットラペになってしまった141.png




先週、夫の実家茨城にいってきた。

夫の両親はもう80台を軽く超えて、二人だけで暮らしている。

義父はすっかり腰が曲がってしまって、歩くのさえおぼつかない感じ。

しかし二人ともしっかりしていて、家のことはしっかりやっている。

義母の方は料理が少し億劫になったみたいだが、家や庭もきれいに掃除してあってまだまだ二人で暮らすのも大丈夫なようなのだけど。。。

ただ冷蔵庫に消費期限を大幅に過ぎたものがたくさん入っていたり、台所の戸棚にカビだらけの食品があったりしたら、ふと心配になる。

二人とも車の免許証を返上してしまったので、移動手段が限られる田舎では大変。

茨城と東京、離れて暮らす生活も一瞬先はどうなるかわからない。






[PR]
by otumamifuji | 2018-02-25 22:33 | 野菜のおつまみ

e0341532_23011605.jpg

きゅうりをハチミツとお酢と粒マスタードの漬け液で漬けた甘酸っぱいマリネ風の漬物。

マスタードがアクセントとなって、お酒にもよく合う。

もちろんご飯のお供にも。

きゅうりは叩いてから手でちぎりつけ汁を染みこみやすくする。

とっても簡単なピクルスと漬物の中間のような一品。


材料(2~3人分)

きゅうり・・・2本
塩・・・小さじ1/2
A酢・・・大さじ1
Aハチミツ・・・大さじ1
A粒マスタード・・・大さじ1/2


作り方

1. きゅうりはヘタを落とし、麺棒などで軽く叩いてから手で一口大にちぎり、ボウルに入れて塩を加え軽く揉んで10分ほどおく。

2. きゅうりがしんなりしたら、手で水気を絞って別のボウルに入れ、Aを加えてよく混ぜ冷蔵庫で15分ほどおいて味を馴染ませる。




e0341532_23013580.jpg

今日の家呑み

日本酒は上善水の如しの純米酒。

久しぶりの上善水の如し。

白瀧酒造で一番売れているお酒。(だと思う)

名前のごとくスッキリした飲み口で、癖がない。

日本酒が苦手だという人でも、あの日本酒独特の匂いがなく飲みやすい。

一方あまりに癖がなさ過ぎて、頼りないという意見もある(私)。

おつまみは「カジキのマスタードソース」と「ニンジンの洋風酢の物」。

ニンジンの洋風酢の物は、失敗作。

酢が強過ぎて、ニンジンの臭みが出過ぎ。

ニンジン嫌いな人はいっぺんにさらにニンジン嫌いになりそうな一品。

これはダメ、でも捨てるのは勿体無いから最後まで食べる141.png




[PR]
by otumamifuji | 2018-02-15 23:17 | 野菜のおつまみ