e0341532_22205553.jpg

    だし巻き卵

    たっぷりだし汁が入ったふんわりジューシーなだし巻き卵。柔らかいだし巻き卵は巻くのは大変ですが、少々失敗しても巻きすで形を整えると形になります。


    材料:(2人分)

    4個

    A砂糖、酒

    各大さじ1

    A薄口しょうゆ

    小さじ1

    Aだし汁

    大さじ4

    サラダ油

    適量


    作り方:

    1. 小さなボウルにAを入れてよく混ぜ、合わせ調味料を作っておく。
    2. 大きなボウルに卵を割り入れて白身を切るようによく混ぜ、(1)を加えてひと混ぜしザルで濾しておく。
    3. サラダ油を入れたフライパンを中火にかける。熱したらキッチンペーパーでフライパン全体にサラダ油をなじませる、(1)の1/4の量を流し入れて奥から手前に巻く。これをあと3回繰り返す。
    4. 焼き終わっただし巻き卵を巻きすで巻き、そのまま室温に冷ましてから食べやすい大きさにきる。


    *砂糖を加えているので、焦げやすいです。焦げそうになったら、火からおろし火加減を調節します。

    *黄身と白身の固まる温度が違うので、白身を黄身溶け込むようにしっかり混ぜておくのがコツ。

    *薄口しょうゆの代わりに普通のしょうゆ小さじ1に塩ひとつまみで代用OK


    e0341532_22205987.png


今日の晩ごはん

e0341532_22212355.jpg
刺し身のせちらし寿司
豆腐の味噌汁
白菜と豚肉のしょうがみそ煮
白菜の浅漬

イオンで夫のリクエストで買った手巻き寿司4人分セットを2人分のチラシずしの上に並べる。
超豪華なちらし寿司。
お腹いっぱい!



イオンの保護猫

今日は夫の休日。
私も仕事がなかったので、スポーツクラブへ一緒に行ったあと近くのイオンへ買い出しにいった。

夫がウチの近くのイオンに行くときについてきたがるのは猫。
ウチの近くのイオンのペットショップの一角に、保護猫2~3匹を常時遊ばしているコーナーがある。
まだ子猫の保護猫たちがじゃれたり、追っかけこしたりして遊ぶのをイオンのお客たちがみれるのだ。

そしてここで気に入った仔がいれば、申し込んで審査に合格すればその仔がもらえる。

ペットショップで1匹だけ小さな箱でずっと寝ているのと違って、結構大きなスペースを子猫がたちが走り回って遊ぶのをみるのは子供だけでなく大人も楽しいものだ。
特に猫好きの夫はここへ来るのが大好き。

今日も夫はお気に入りの「ごま」という仔を見て満足。
しかし夫は絶対に猫は飼わないだろうな。。。
夫は生まれてこの方動物を飼ったことがないし、神経質な部分もあるから。


e0341532_22211168.jpg

e0341532_22211499.jpg


by otumamifuji | 2019-01-19 22:32

e0341532_17354964.jpg
ししゃもに片栗粉をつけてさっくり揚げ焼きにしたししゃも唐揚げ。子持ちししゃもは揚げると子が跳ねるので、多めの油で蓋をして揚げ焼きにすると台所を汚さずに作ることができる。


ししゃも唐揚げ

さっくり揚げたししゃもが香ばしい。

材料:(2人分)

ししゃも

10

片栗粉

適量

サラダ油

大さじ2

マヨネーズ

少々

作り方:

  1. ししゃも全体に薄く片栗粉をまぶす。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、()を並べ入れて蓋をし片面をこんがり焼く。
  3. ししゃもを返して蓋をし、反対側もこんがり焼いて火を止める。
  4. )を皿に盛り、マヨネーズをそえる。



年末の断捨離でスカッとお正月

今年中にしなければ行けない仕事を終えて、やっと年末の準備に入ります。

今年はおせちはあまり手をかけずに買ってきたもので済ませ、家の片付けに力を注ぎたい。

まずは今日不用品の断捨離から始めました。

台所の戸棚。

いつもは乾物やソース類、缶詰であふれるくらいいっぱいになっているのを、全て取り出し日付を確認して賞味期限を大幅に過ぎているものはすべて捨てました。

するとすかっとした戸棚の中。

どれだけ賞味期限切れを溜め込んでいるのだか140.png

e0341532_18330180.jpg

e0341532_18325921.jpg
次は机周りのペーパー類もきれいに断捨離。

請求書や領収書、クレジットの明細書、メモ書きなどなどの紙で溢れている机の上。

全部取り出し、いらないものは捨て、種類別に分別してホルダーに綴じればすかっときれいな机の上。

こまめにそうしておけばいいのに、なかなか片付けないからいつもペーパー類に囲まれて仕事。

e0341532_18330468.jpg

クリスマス明けた昨日銀座にいくとすっかりお正月モード。

e0341532_18330603.jpg




by otumamifuji | 2018-12-27 18:44

e0341532_23135010.jpg

にんじんしりしりをレンジで作れないかなあ、、、と試してみて、粒マスタードとにんにくをきかせてサラダにしたら美味しかったにんじんサラダ。

加熱するので、にんじんの臭みがなくなってにんじん嫌いにも美味しく食べられる。

うちの夫はキャロットラペのような生のにんじんサラダは食べないが、電子レンジで少し加熱しただけだがこのサラダなら食べる。

冷蔵庫で3〜4はもつので、作り置きとしても便利。



にんじんとツナのサラダ


材料(4人分)


・にんじん・・・250g(皮をむいて長さ5センチの細切りにする)

・ツナ缶(フレーク)・・・1/2缶(汁気を切ってほぐす)

・玉ねぎ(みじん切り)・・・大さじ2

・にんにく(みじん切り)・・・小さじ1

・オリーブ油・・・大さじ1

・塩コショウ・・・少々

A白ワインビネガー・・・大さじ1

Aレモン汁・・・大さじ1

A粒マスタード・・・大さじ1




作り方


① 耐熱ボウルににんじん、玉ねぎ、にんにく、オリーブ油を入れて混ぜ、ふんわりラップをかけて電子レンジで1分30秒加熱する。


② ①のボウルにツナとAを加えてよく混ぜ、塩コショウで味を整える



白ワインビネガーの代わりに米酢を使ってもOK。米酢を使うときは、半量の大さじ1/2にする。









今日の晩ごはん


e0341532_23130134.jpg

今日の晩ごはん

トマトのハヤシライス

サラダ

大根とワカメの味噌汁


今日は夫の夜勤明けの日。

本来なら2時頃仕事が終わって3時頃には帰ってくるはずだが、仕事が立て込んでいたとかで8時過ぎに帰ってきた。

夫がこんなに残業をするなんて珍しい。

その上明日の休日も少しだけ休日出勤するとか!!

怠け者の夫が文句も言わずにこんな働くなんて!?

明日雪でも降るんじゃないかな???


私はお昼から教室に行って、夫と同時間くらいに帰ってきた。

昨日から作っておいたトマトのハヤシライス。

デミソースを入れず、トマト缶だけで作った。

かなり美味しくて満足。

パスタにかけてもいいかも❤️



by otumamifuji | 2018-07-09 23:23

e0341532_10341995.jpg

さつまいもとニンジンをはちみつで甘く煮た、おやつふうの煮物。

少しレモン汁を入れてさっぱり感を出しています。

さつまいもといえば、りんごと一緒の煮物がよくありますが、ニンジンと煮ておかず感を出してみた。

これは私が高校生のとき、母がよくお弁当のおかずに入れてくれていたもの。

私の母は私が一緒に台所に立つのを嫌がっていたので、レシピは全然わからない。

こんな感じかあと、味見をしながら作ったレシピ。


材料(2人分)

さつまいも・・・小1本(150g)
ニンジン・・・40g
干しぶどう・・・10g
Aはちみつ・・・大さじ1と1/2
Aみりん・レモン汁・・・大さじ1/2
A塩・・・少々
A水・・・1/4カップ(50ml)


作り方

1. さつまいもは皮をむき、1,5センチ角にきる。水にさらして水気をきる。

2. ニンジンは皮をむき、1センチ角にきる。干しぶどうは熱湯に浸して戻す。

3. 鍋に(1)、(2)とAを入れて煮立て、蓋をして弱火で10分ほど煮る。

4. さつまいもにすっと竹串が通るくらい柔らかくなったら、蓋を取り水気を切った干しぶどうを加えてさらに2分ほど煮て火を止める。


ニンジンは火が通りにくいので、少し小さめに切ります。



e0341532_10340059.jpg
昨日の家呑み

チューハイは「こくしぼりオレンジ」。

最近のチューハイは、果汁たっぷりとかアルコール度が高いとか、色々バリエーションがある商品が出て楽しい。

今日飲んだのは、フルーツ感たっぷりのこくしぼり。

居酒屋の生搾り酎ハイのように美味しい101.png

おつまみは「ポークソテーのりんごソース」と「さつまいもとニンジンのはちみつ煮」。

豚肉は果物ソースとの相性が抜群!



ニュースで真子様のご結婚が延期されるという報道を見た。

案の定って思った。

もし私の息子が小室さんなら、結婚したいと言い出したら絶対反対しただろう。

私の考えは古いかもしれないが、男が結婚するというなら定職について貧しいながらも女房子供を養えるようになってからしろ!と一喝しただろう。

まだお二人とも若いのだから、もっと時間をかけて小室さんもちゃんと職について、堂々と胸を張ってお嫁さんを迎えられるようになるまで待つのは当然だろうというのが、おばさんの考えだ。








by otumamifuji | 2018-02-07 10:54