• e0341532_22014921.jpg


    牡蠣のオイル漬け

    おつまみにピッタリの牡蠣のオイル漬け。にんにくとゴマ油の風味で、牡蠣のくさみをまったく感じません。

    材料:(2人分)

    牡蠣

    130~150g

    にんにく

    1片

    赤唐辛子

    1本

    しょうゆ

    大さじ1/2

    ゴマ油

    大さじ4

    作り方:

    1. 牡蠣は片栗粉と塩(分量外)をまぶして軽くもみ、濃い塩水(500ccの水に塩大さじ1)優しく洗い、冷水できれいに流して洗う。
    2. にんにくは薄切りにする。赤唐辛子は2つに折って、中の種を取り除く。
    3. (1)の水気をキッチンペーパーで拭き取ってテフロン加工のフライパンに並べて強火にかける。
    4. 両面しっかり焼いて水分を飛ばしたら火を中火に変えてしょうゆを加えて全体に絡める。
    5. 清潔に殺菌した保存容器に(2)と(4)を入れてゴマ油を加えて蓋をし、冷蔵庫で半日くらいおく。

    *冷蔵庫で1週間位保存可能。

    e0341532_22015215.png

    今日の家飲み

    e0341532_22004217.jpg

ぶりの照り焼き
鶏ささみの春雨サラダ
ハニーマスタードジャーマンポテト
プレミアムモルツディープアロマ

今日も夫の帰りが遅い。
だから私は今日も家飲み♪

初めて東京都庁の展望台に登った

今日珍しく西新宿で仕事。
仕事が早く終わったので、仕事のあと近くの東京都庁の職員食堂で遅い昼食を取ろうと思って都庁へいった。
途中人がたくさん並んでいるので、なにかなっと思うと都庁の展望台に登るエレーベーター待ちだった。
思いついてその列の最後に並んだ。

東京に来てかなりの年月がたつが、都庁に来たのは初めて。
当然展望台に登るのもはじめて。

来客は外人が多かった。
もやっていて富士山は見えなかった。


e0341532_22003827.jpg


e0341532_22003618.jpg


e0341532_22003284.jpg


e0341532_22002930.jpg

昨日ブログに書いた夫の同僚が今日亡くなった。
やっと夫が同僚が愛猫2匹を抱き上げている写真を見つけて、奥さんにメールをしたらちょうど今亡くなったと連絡を受けたそうだ。





# by otumamifuji | 2019-01-18 23:39 | 魚介類のおつまみ

e0341532_23300584.jpg


白菜と豚肉のしょうがみそ煮


蒸し煮にしてかさが減った白菜がびっくりするほどたくさん食べられます。しょうがたっぷりきかせて体がホカホカ。


材料:(2人分)

白菜

1/8

豚バラ肉

200g

春雨

30g

Aおろししょうが

小さじ2

Aしょうゆ

大さじ1

A

大さじ2

ゴマ油

大さじ2

みそ

大さじ2

一味唐辛子

少々


作り方:

  1. 春雨は半分に折って、熱湯に5分ほど漬けて水気を切る。白菜は一口大のザク切りにして、芯と葉の部分に分ける。
  2. 鍋にゴマ油をいれて中火にかけ、熱したら白菜の芯の部分を敷き上に豚バラ肉の半量を広げ入れ上に春雨の半量を広げる。その上に白菜の葉の部分の半量、残りの豚バラ肉、春雨を広げ入れて最後に残りの白菜の葉の部分をいれてギュッと蓋をして中火にかける。
  3. 白菜が煮えて少しかさが減ってきたらAをいれて火を弱火に変え10分ほど蒸し煮にする。
  4. みそを溶き入れて混ぜ再び蓋をして10分蒸し煮にする。器に盛り付け一味唐辛子をふる。

*火の通りにくい白菜の芯の部分を下に敷きます。


e0341532_23093904.png


今日の家飲み

e0341532_23072697.jpg
 
白菜と豚肉のしょうがみそ煮
牡蠣の中華オイル漬け
鶏むね肉の唐揚げ
アサヒドライブラック


今日は夫の帰りが遅いので、家飲み♪
うちは夫がまったくの下戸なので、夫と一緒のときはさすがの私でもお酒は控える。
なので夫がいない晩ごはんだけ家飲みなのだ。



この歳になると去っていく知人が多くなる

今朝夫の会社の同僚の奥さんから夫に電話があった。
遺影のための写真を探してほしいというのだ。

その同僚は現在癌末期で、もう明日あさってがわからない状態らしい。
愛猫2匹と一緒に写っている写真が会社のコンピューターに残っているらしいので、それを遺影に使いたいらしい。

その同僚と奥さんとは私も顔見知りで、一度だけだが夫と4人で飲みに行ったこともある。
また以前済んでいたマンションを売るときに、不動産仲介業をやっている奥さんに売ってもらったこともある。

今日一日夫は会社のパコソンを探したが、残念ながら出てこなかったそうだ。

50を過ぎると急に去っていく知人友人が多くなる。
去年は私の若い友人が40代半ばで、乳がんの再発であっけなく亡くなった。
20代で乳がんになり全摘して、再建手術も受け、10年たっても再発しなかったが20年目に再発した。
再発してから亡くなるまでは本当に短かかった。

「いつまでもあると思うな命とお金」。
一日一日を大切に過ごしたい。




# by otumamifuji | 2019-01-17 23:33 | 野菜のおつまみ

e0341532_22203629.jpg

スナップエンドウのツナマヨ和え


マスタードがアクセントになる簡単なマヨネーズ和え。

スナップエンドウは茹ですぎずパリッとした食感を残します。


材料:(2人分)

スナップエンドウ

100g

ツナ缶(油漬け)

50g

Aマヨネーズ

大さじ2

A粒マスタード

小さじ2

A黒こしょう

少々


作り方:

  1. スナップエンドウは両側の筋を取り除く。
  2. たっぷりの湯(1リットル)を沸かし、塩小さじ2(分量外)をくわえて(1)を2分ほど茹でて冷水に取って水気を切る。
  3. スナップエンドウが冷めたら斜め半分に切る。
  4. ボウルにAと油を軽く切ったツナと(3)を入れてよく混ぜる。

*茹でたスナップエンドウはすぐに冷水に取り、色鮮やかに仕上げます。



e0341532_22204059.png



今日の晩ごはん


e0341532_22205645.jpg

皿うどん

フライパン餃子

豆腐とまいたけの味噌汁


昨日から夫が食べたいといっていた皿うどんをつくる。

餃子は焼いたフライパンのまま食卓に出す。

行儀は悪いが、冷めず熱々が食べられるので夫に好評。

フライパンはティファールなので、取っ手を外して鉄鍋ぎょうざ風。



去年の暮れからダイエット


ダイエットと言っても特段何をすることもない(汗

あと2~3kg体重を落としたい。


私の歳になると、急激に痩せるとすぐに老けにつながるので微妙なところ。

2~3kg以上体重を落とすと、一気にシワが増えそうで怖い。


やっているのは、レコーディングダイエットのアプリをダウンロードして毎日の体重と食べたものをきろくしていること。

あとは週に2~3回スポーツクラブへ行って、クロストレーナー30分と筋トレで軽く汗を流すこと。

毎日交互に腹筋とストレッチを10分だけやっていること。


食事の制限は一切しない。

始めて3週間近くになるが、今の所まったく体重の変化がない(涙


# by otumamifuji | 2019-01-16 22:33 | 野菜のおつまみ

e0341532_23282695.jpg

鶏ささみのコチュジャン炒め



    コチュジャンの甘辛さが後を引く一皿。

    ビールにピッタリのおつまみ。白いごはんにもよく合います。


    材料:(2人分)

    鶏ささみ

    4

    小麦粉

    大さじ1

    Aしょうゆ、みりん、酒

    各大さじ1

    A砂糖、コチュジャン

    各小さじ2

    サラダ油

    小さじ1

    いりごま(白)


    作り方:

    1. 鶏ささみは筋を取り除いて2センチ幅の斜め切りにし、全体に薄く小麦粉をまぶす。
    2. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、熱したら(2)を炒める。
    3. 鶏ささみの色が変わって火が通ったら火を弱火に変え、Aを加えてよく絡める。
    4. 器に盛り付けいりごまをふる。



e0341532_23283007.png



小正月

e0341532_23284429.jpg

今日の晩ごはん
 
十六穀米
里芋とにんじんの味噌汁
白菜の浅漬
だし巻き卵
牛肉とブロッコリーのオイスターソース炒め
スナップエンドウのツナマヨ和えとキャロットラペ、ミニトマト


今日は小正月。
本来なら小豆粥を食べる日なのだが、夫が粥嫌い。
なので小豆が入っている十六穀米を炊いた。
小正月に小豆粥をたべる風習はかなり昔からあるらしく、「枕の草紙」にも記されているので少なくとも平安時代からは続いているようだ。

以前は小正月の1月15日が成人の日だった。
昔、小正月に元服の儀式をしたのが由来らしい。
かつての祝日は古来からの由来があった。

例えば11月23日の勤労感謝の日は、新嘗祭。
新嘗祭は、天皇陛下が宮中で新米を供えて五穀豊穣を祈る儀式。
最近は連休にするために日を変えてしまったりするので、本来の祝日の意味が遠くなってしまった感がある。


# by otumamifuji | 2019-01-15 23:32 | 鶏肉のおつまみ

e0341532_00032452.jpg

キャロットラペ

フランス料理では定番のお惣菜。甘酸っぱい味でたっぷりにんじんが食べられます。色合いも鮮やかなので、お弁当にもぴったり。

材料:(2人分)

にんじん

250g

干しぶどう

30g

くるみ

20g

小さじ1/2

Aはちみつ、オリーブ油

各大さじ1

Aリンゴ酢

大さじ3

A黒こしょう

少々

作り方:

  1. にんじんはスライサーで千切りにし、耐熱ボウルに入れて塩を加えて軽く混ぜ、ふんわりラップをかけて電子レンジで3分加熱する。
  2. フライパンにくるみを入れて中火にかけ、かるく行って取り出し粗く刻む。
  3. (1)の粗熱を取ったら軽く手で水気を絞って別のボウルに入れ、A、(2)、レーズンを加えてよく混ぜ、冷蔵庫で15分ほどおいて味をなじませる。

*くるみはアーモンドやカーシュナッツなどに代用可能。

*はちみつを使用しているので、2歳以下の幼児には摂取させないでください。



e0341532_00032126.png



今日の家飲み


e0341532_00030326.jpg

鶏ささみコチュジャン炒め

キャロットラペ

スナップエンドウのツナマヨ和え


今日は夫が夜勤の夜。


ゆっくり家飲み♪


このあと酎ハイ。


片付けものをしたあとは、深夜までゆっくりアマゾンビデオタイム。





成人式の思い出


昨日は成人式。


見事に晴れた成人式日和。


街にはちらほら晴れ着の女の子の姿。


私が成人したとき、私は晴れ着はいらないのでお金で頂戴と親にねだって、そのお金でヨーロッパをバックパックで一人回った。


2ヶ月近くのその旅行は確実に私を一回り大きくしたと思う。


お金をもらったので、成人式に晴れ着を着ないつもりでいたが、それでも親は晴れ着一式を買ってくれてそれを着て成人式に行った。


パブルのさなか、かなり高価な晴れ着。


その晴れ着は妹やいとこを回って、最後に私のところに帰ってきた。


私に娘がいたなら着せたかった。



# by otumamifuji | 2019-01-15 08:00 | 野菜のおつまみ