鯛のアジアンカルパッチョと、京都の宿

e0341532_09170079.jpg
春といえば、やはり桜鯛。

鯛の季節。

というわけで鯛のアジアンカルパッチョ。

流石に桜鯛を使うのは、勿体無い!

安い養殖の鯛で十分美味しいです105.png


材料(2人分)

鯛(刺身用さく)・・・100g
ミョウガ・・・2個
きゅうり・・・1/2本
Aレモン汁・・・大さじ1/2
Aごま油・・・小さじ1
A醤油、ナンプラー・・・各小さじ1/2



作り方

① 鯛は薄いそぎ切りにして、皿に並べる

② ミョウガは縦半分に切ってから斜め薄切り、きゅうりは千切りにして両方さっと水にさらして水気をしっかりきる

③ Aをよく混ぜて①にかけ、上に②をのせる




GW前の京都旅行。

今回は宿の紹介。

今回泊まった宿の宿泊代は夕食込みで、1人4000円。

バカ安!

それもそのはず、夫の会社の保養所を使った。

e0341532_09183347.jpg
この保養所がとてもいい場所にある。

南禅寺参道の、「蹴上」という場所。

岡崎動物園の近く。

周りには瀟洒な料理旅館や、純和風の豪邸が連なる静かな場所。

そこに食事付きで4000円。

なかなか予約が取れない宿なのだ。

e0341532_09184160.jpg
部屋は落ち着いた純和風の部屋。

トイレ付き、お風呂は別だがとても綺麗で大きなお風呂がある。

難点はお風呂のお湯が熱すぎること。

e0341532_09184508.jpg
食事はこの広間でとる。

食事もなかなか素晴らしい。

e0341532_09183813.jpg
南禅寺名物湯豆腐の朝食。

量は多すぎず少なすぎず、あっさり豆腐の朝食は胃にも優しくとてもいい162.png

e0341532_09184936.jpg
窓からの景色。

土壁の向こうに新緑が見える。

e0341532_09185240.jpg
宿のお庭。

周りの風景に溶け込んだよく手入れされた庭。

e0341532_09185667.jpg
宿の近くを疎水が流れる。

この近くは琵琶湖から京都へ水を流す疎水が流れ、水のある風景が美しい。

ここの宿の一番のいいところは場所、値段、料理色々あるけれど、何より予約を3組以上取らないこと。

京都で静かに宿泊できるのは最高172.png




レシピブログに参加しています。クリックもらえたら嬉しいです105.png

[PR]
by otumamifuji | 2018-04-28 09:40 | 魚介類のおつまみ