e0341532_09581454.jpg

ニンニクとバターの香りがこうばしいイカのバタぽん焼き。

焼きイカといえば、屋台の味。

ビールに合うこと請け合い167.png


材料(2人分)

スルメイカ・・・1杯
ニンニクみじん切り・・・1片分
ポン酢しょうゆ・・・大さじ3
バター・・・大さじ1



作り方

① スルメイカは胴と足を離し、内臓を取り除いてきれいに洗う。

② グリルで①をこんがり焼いて皿に盛る。

③ フライパンにバターとニンニクを入れて中火にかけ、香りがして来たらポン酢を加えて一煮立ちさせ②にかける。




インスタグラムに最近あげた朝ごはんの写真。

うちは朝ごはんだけは充実しているんだよね105.png





レシピブログに参加しています。クリックいただけたら嬉しいです103.png


[PR]
# by otumamifuji | 2018-05-03 11:30 | 魚介類のおつまみ

e0341532_10122760.jpg

からりと揚げた取り手羽中をピリ辛ポン酢にさっと浸していただきます。

さっぱりポン酢とピリリと辛い豆板醤が冷たいビールにぴったり167.png

これからの季節にぴったりのおつまみ!


材料(2人分)

手羽中・・・10本
塩コショウ・・・少々
小麦粉・・・適量
揚げ油・・・適量
ポン酢しょうゆ・・・大さじ4
豆板醤・・・小さじ1/2


作り方

① 手羽中肉に軽く塩コショウし、全体に薄く小麦粉をまぶす。

② 揚げ油を中温に熱し、①をこんがりきつね色に揚げる。

③ ボウルにポン酢しょうゆと豆板醤を入れてよく混ぜ、揚げたての手羽中を入れて絡める。



GW前の京都旅行。

3日目最終日には、京都の南の伏見に行くことにした。

伏見といえばやはり伏見稲荷。

e0341532_10221612.jpg
駅を降りるとすぐに大きな赤い鳥居が迎えてくれる。

e0341532_10221962.jpg
境内はとにかく外国人の観光客が多い!

日本語より外国語の方がよく聞こえるくらい。

e0341532_10224853.jpg
おいなりさんといえば、狐。

狛犬の代わりに楼門の狐。

左は鍵を咥え、右の狐は数珠を咥えている。

e0341532_10225337.jpg
参拝を済ませて、社殿の裏の千本鳥居へ向かう。
e0341532_10225888.jpg
稲荷山山頂に向かう千本鳥居。

歩いても歩いても山頂にはたどり着かず135.png

暑さにへたれて、途中で引き返す。

とにかく人でごったかえして大変(汗



伏見稲荷から京阪電車に乗り換えて中書島へ行く。

中書島辺りは昔の淀川の船着場。

名だたる伏見の酒の酒蔵がある。

その酒蔵巡りが最近流行っているということで、GO!

e0341532_10230546.jpg
市内を流れる川に添って多くの酒蔵が昔の姿を残している。

e0341532_10231180.jpg
川の横の小道を歩きながら散策。

e0341532_10231483.jpg
途中龍馬襲撃事件で有名な寺田屋を見つけて立ち寄る。

一度明治時代に火事にあったが、当時のままを再現しているとか。。。

中は龍馬と明治維新の小さな博物館のようになっている。

e0341532_10231863.jpg
e0341532_10234080.jpg
趣なる酒蔵を巡って、何軒かで利き酒。

黄桜カッパカントリーで蔵見学と昼食、日本酒の利き酒をする。

十石船で川巡りをやっていたので、乗船。

e0341532_10234760.jpg
e0341532_10235741.jpg
緑と蔵の街を船で巡る。

今回は新緑の京都を効率的に回って来た。

ちょっと急いで回ったので、見逃したのも多い。

今度は秋に涼しくなってからゆっくり来て見たいものだ。



レシピブログに参加しています。クリックいただけたら、嬉しいです105.png


[PR]
# by otumamifuji | 2018-05-02 11:09 | 鶏肉のおつまみ

e0341532_09441965.jpg

茹でたことトマトをめんつゆで和えた超簡単な小鉢もの。

少しレモン汁を入れてさっぱりと仕上げます。

めんつゆとトマトが意外とよく合うんですよね109.png


材料(2人分)

茹でタコ・・・80g
トマト・・・1/2個
大葉・・・3枚
めんつゆ(3倍濃縮)・・・大さじ2
レモン汁・・・大さじ1/2



作り方

① 茹でタコは薄くそぎ切り、トマトは一口大の乱切りにする。大葉は軸をとって千切り。

② ボウルにタコとトマト、めんつゆ、レモン汁を入れてざっくり混ぜ、器に盛り付け千切りの大葉をのせる。



GW前の京都旅行。

二日目最後に行ったのは、貴船神社と上賀茂神社。

e0341532_09532122.jpg
修学院離宮の帰りに、貴船神社と上賀茂神社も回った。

貴船神社は鞍馬山深くある水の神様。

紅葉が美しいので有名だが、初夏の青もみじも美しい。

朱の灯籠が並ぶ山道を登って社に向かう。

e0341532_09533503.jpg

e0341532_09532397.jpg
水の神様らしくあちこにに湧き水がある。

水に関係して料理の神様でもあるらしいので、熱心に参拝。

e0341532_09532626.jpg
e0341532_09533296.jpg
濃い緑でここまでくると、初夏の京都も肌寒く感じる涼しさ。

e0341532_09532981.jpg
神社の近くの料亭では、5月から始まる床の用意に忙しかった。



貴船神社を市内に降って、途中上賀茂神社へ行った。

5時に閉まる上賀茂神社。

ついたのが4時半だったので、さっとしか参拝できなかった。

e0341532_09541470.jpg
京都最古の歴史をもつ上賀茂神社。

葵祭でも有名。

神殿の前には、清めの砂山がある。

広く綺麗な境内は歩くだけで、清々しい。

e0341532_09534307.jpg
境内を流れる小川で近所の子供達が遊んでいるのもほのぼのした感じでいい!

貴船神社と上賀茂神社、今回大急ぎで回ってゆっくり見ることができなかった。

次回はゆっくりじっくり見て回りたい。



レシピブログに参加しています。クリックいただけたら、嬉しいです105.png


[PR]
# by otumamifuji | 2018-05-01 10:50 | 魚介類のおつまみ

e0341532_10290114.jpg

そろそろ暑くなってくるとゴーヤが美味しくなる。

あの独特の苦味はビールにぴったり167.png

ゴーヤは油ととっても相性がいいんだよね。

豚肉を巻いてフライにすると、最高!

ついつい手が止まらなくなるよ102.png


材料(2人分)

ゴーヤー・・・1/2本
豚しゃぶしゃぶ用肉・・・100g
塩コショウ・・・少々
小麦粉・・・適量
溶き卵・・・1/2個分
パン粉・・・適量
揚げ油・・・適量



作り方

① ゴーヤーは縦半分に切り、タネとワタを書き出して、厚さ7~8ミリの半月切りにする。

② 豚肉を広げて軽く塩コショウし、端に①を置いて巻く。

③ ②に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけて、中温の揚げ油でからりと揚げる。



GW前に行ってきた京都旅行。

次は修学院離宮。

e0341532_10291362.jpg
修学院離宮は現在宮内庁で管理されている。

見学するには、普通は予約が必要。

往復葉書かネットでできる。

空きがあるときは、行ってそのまま申し込み見学できる。

私たちは予約もせずに、当たって砕けろ!と行ってみた。

なんと幸運にも空きがあり、ちょうど見学ツアーが始まるところ。

よかった101.png

見学は30人ほどが団体になって、係りの人に案内されながら進む。

e0341532_10291884.jpg
修学院離宮は、江戸時代はじめに後水尾上皇によって作られた離宮。

広い上御茶屋、中御茶屋、下御茶屋の三つの庭園からなる。

e0341532_10292269.jpg
下御茶屋にある寿月観。

後水尾上皇によって建てられた御座所。

シンプルな寄棟造りが美しい。

e0341532_10293160.jpg
全部回るのに1時間半くらいかかる広大な庭。

新緑が美しい。

e0341532_10293707.jpg
e0341532_10294123.jpg
庭園の中に畑や水田があり、地元の農家の人たちに貸し出され耕作されている。

e0341532_10294564.jpg
中御茶屋は後水尾上皇が第八皇女光の宮のために作った朱の宮御所が全身。

e0341532_10294972.jpg
客殿の書院造が素晴らしい!

e0341532_10295355.jpg
中御茶屋まで登ると田園風景の向こうに京都の街が見える。

e0341532_10295797.jpg
上御茶屋は壮大な人工池を中心とした壮大な庭園。

高台から眺めると、池の向こうに見える北山の借景が素晴らしい。

e0341532_10300142.jpg
人工池の浴竜池は、谷川を堰き止め人工の川や滝を作って池に水が流れる。

e0341532_10300761.jpg
天気のよい中、汗だくになって回った1時間半。

でも行ってよかった101.png

庭園のなかに田んぼや畑がある風景がとても素敵。

整った庭園だけだと、多分飽きてしまうだろうが、田んぼや畑が作られた美しさに素朴な安らぎを与える感じがする。

後水尾上皇がこよなく愛したのも頷ける。

予約が必要だが、絶対行く価値あり!!



レシピブログに参加しています。よかったらクリックお願いしま〜〜す105.png

[PR]
# by otumamifuji | 2018-04-30 11:05 | 豚肉のおつまみ

e0341532_15503093.jpg
マヨネーズとチーズで作るとっても簡単グラタン風。

マヨネーズとチーズのコクでとてもリッチな食感!

のせて焼くだけだから、簡単ラクラク♪


材料(2人分)

えのきだけ・・・1パック
しめじ・・・1パック
しょうゆ・・・小さじ1
マヨネーズ・溶けるチーズ・・・各大さじ2



作り方

① えのきだけは根元を切り落とし、長さ半分に切ってほぐす。しめじは石突きを取り、ほぐす。

② ボウルに①としょうゆを入れて混ぜる。

③ ②を二等分して耐熱皿に入れ、マヨネーズと溶けるチーズを上にのせて、オーブントースターでこんがり焼き目がつくまで焼く。



GW前に行った京都旅行。

三千院の観光編。

e0341532_15504843.jpg
桜の季節はすぎたけど、青紅葉が美しい大原へ行った。

前回冬に京都に行った時は行けなかったけど、今回はレンタカーを借りて車で効率的に回る。

参道の緑が美しい。

紅葉の季節だったら、これまた綺麗だろうな。

e0341532_15505388.jpg
三千院は京都を東北方面比叡近くにある門跡寺院。

京都市中央(烏丸小池)から車で30分くらいで着く。

極楽往生院にある平安時代の阿弥陀三尊像と、美しい二つの庭「聚碧園」と「有清園」で有名。

靴を脱いで上がり、まず秀吉の建てたという客殿から見えるのが「聚碧園」。

苔の美しい静かな庭を眺めていると、自然と時間がすぎていく。

観光客が少なくてよかった102.png


e0341532_15505947.jpg
風情のある回廊を回って法義を行う宸殿から見えるのが、「有清園」。

e0341532_15510647.jpg
苔の緑が美しく、庭に可愛いわらべ地蔵の姿が見える。

e0341532_15511272.jpg
中央にあるのが極楽往生院で、中に金色の阿弥陀三尊像が鎮座する。

阿弥陀如来の両脇の菩薩の座り方が、軽く腰を浮かしたように座る「大和座り」で有名。

今にも立ち上がりそうな両菩薩の表情が優しい。

e0341532_15511889.jpg
三千院周りを少しぶらぶら散歩してから駐車場に向かう。

途中清らかな水が流れる川があり、水のある風景に癒される。

e0341532_15512520.jpg
大原の里は京野菜の畑が多い田舎。

あちこちの道端にお地蔵さまがある。

次の修学院にいく途中柴漬けの土井本舗で昼食。

家族や友人に柴漬けをお土産にしたら、とても好評だった102.png



レシピブログに参加しています! クリックよろしくお願いしま〜〜す105.png


[PR]
# by otumamifuji | 2018-04-29 16:50 | 野菜のおつまみ