お料理しましょ♪


by はら るみ

2017年 06月 12日 ( 1 )

いかのトマト煮

e0341532_14031532.jpg


そのまま食べても、パスタのソースにしてもおいしい「いかのトマト煮」。

材料のいか、するめいかはちょうど今初夏から夏、秋にかけてが旬です。

いかの栄養素といえば、やっぱり「タウリン」。

「タウリン」はアミノ酸の一種で、いかどくとくの旨みの素にもなっています。

疲労回復や肝臓機能の保護といった効果がある「タウリン」をいっぱい含んだいかは、夏に食べたい食材です{/face_en/}



【材料(2人分)】

・するめいか・・・大1杯(200g)
・ズッキーニ・・・小1本(200g)
・たまねぎ・・・1/4個(50g)
・にんにくのみじん切り・・・小さじ1
・オリーブ油・・・大さじ2
・白ワイン(または酒)・・・大さじ1

Aカットトマト(缶詰)・・・200g
Aローリエ・・・1枚
A塩・・・小さじ1/2
A砂糖・・・小さじ1/3
Aこしょう・・・少々



【作り方】

1)いかは内臓を取り除き、胴は幅1センチ幅足は2本ずつに切る。たまねぎはみじん切り、ズッキーニは7ミリ幅の輪切りにする。
e0341532_14023943.jpg

















2)フライパンにオリーブ油大さじ1/2を熱し、いかを入れて強火でさっと炒め、白ワインを加えて煮立て汁ごと取り出しておく。
e0341532_14024131.jpg

















3)空いたフライパンに残りのオリーブ油を熱し、たまねぎとにんにくを炒め、しんなりしたらズッキーニを加えて2分ほど炒める。
e0341532_14024471.jpg

















4)(A)といかを加えてひと混ぜし、煮立ったらふたをして弱火で10分ほど煮る。
e0341532_14024943.jpg


















コツとポイント

* いかは初めに炒めるとき完全に火を通してしまわず、半生くらいで取り出しておいた方が、柔らかく仕上がります。

* お好みで出来上がりに、バジリコやパルメザンチーズをふると、さらにおいしくいただけます。




e0341532_14112787.jpg
kiite!6・7月号、郵便局にて発売中です!


[PR]
by otumamifuji | 2017-06-12 08:00 | レシピ | Comments(0)